ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 レジ袋辞退率(平成22年6月~令和2年8月)

レジ袋辞退率(平成22年6月~令和2年8月)

 県では、事業者、消費者・環境団体及び市町村と協働して、平成22年6月から毎月10日を「岡山県統一ノーレジ袋デー」と定め、買い物の際にレジ袋をもらわない「マイバッグ持参」の呼びかけを行っています。
 平成22年6月~令和2年8月のレジ袋平均辞退率は次のとおりです。 

 声かけを実施してくださった事業者(店舗)のみなさん、レジ袋を御辞退いただいた県民のみなさん、御協力ありがとうございました。
 「マイバッグを持参し、レジ袋をもらわない」という誰にでも簡単にできる取組は、ごみの減量だけでなく、地球温暖化の防止にもつながります。

 毎月10日の「ノーレジ袋デー」をきっかけとして、まずは、マイバッグを持参してレジ袋をもらわないことから、環境にやさしいエコ・ライフスタイルを始めましょう。

月ごとの辞退率の推移(平成22年6月~令和2年8月)

令和2年6月10日のレジ袋辞退率について

 令和2年6月10日(月曜日)のレジ袋平均辞退率は30.0%(スーパーマーケットのみの平均辞退率は32.2%)でした。
 なお、辞退率を報告していただいた289店舗のうち、30%以上の店舗は112店舗、その中でも60%以上という高い辞退率を達成された店舗は41店舗でした。
 仮に、岡山県全体で30.0%のレジ袋が削減されたとすると、1年間で約1,164トンのごみを減量できるだけでなく、レジ袋の製造過程やごみとして焼却する際などに発生する二酸化炭素約5,280トンの排出を削減できることとなり、これは、約37.7万本ものスギの木が1年間に吸収する二酸化炭素の量に相当します。

店舗ごとの辞退率の状況(令和2年6月10日)

レジ袋辞退率10%未満10%以上
20%未満
20%以上
30%未満
30%以上
40%未満
40%以上
50%未満
50%以上
60%未満
60%以上
70%未満
70%以上
80%未満
80%以上
90%未満
90%以上

 計        

店  舗   数

72

53

52

32

27

12

7

10

14

10

289

店舗数の割合

25%

18%

18%

11%

9%

4%

2%

3%

5%

3%

100%

店舗ごとの辞退率割合 円グラフ(令和2年6月10日)

6月グラフ

※店舗数の割合は端数処理のため、計に一致しない場合があります。

令和2年7月10日のレジ袋辞退率について

※令和2年7月1日から全国統一でレジ袋有料化がスタートしました。
 令和2年7月10日のレジ袋平均辞退率は84.8%(スーパーマーケットのみの平均辞退率は82.6%)でした。
 なお、辞退率を報告していただいた296店舗のうち、全店舗で30%以上を達成し、その中でも90%以上という高い辞退率を達成された店舗は58店舗でした。
 仮に、岡山県全体で84.8%のレジ袋が削減されたとすると、1年間で約3,290トンのごみを減量できるだけでなく、レジ袋の製造過程やごみとして焼却する際などに発生する二酸化炭素約14,925トンの排出を削減できることとなり、これは、約106.6万本ものスギの木が1年間に吸収する二酸化炭素の量に相当します。

店舗ごとの辞退率の状況(令和2年7月10日)

レジ袋辞退率10%未満10%以上
20%未満
20%以上
30%未満
30%以上
40%未満
40%以上
50%未満
50%以上
60%未満
60%以上
70%未満
70%以上
80%未満
80%以上
90%未満
90%以上

計     

店  舗  数

0

0

0

1

1

0

1

57

178

58

296

店舗数の割合

0%

0%

0%

0%

0%

0%

0%

19%

60%

20%

100%

店舗ごとの辞退率割合 円グラフ(令和2年7月10日)

7月グラフ

※店舗数の割合は端数処理のため、計に一致しない場合があります。

令和2年8月10日のレジ袋辞退率について

 令和2年8月10日のレジ袋平均辞退率は85.1%(スーパーマーケットのみの平均辞退率は83.3%)でした。
 なお、辞退率を報告していただいた289店舗のうち、全店舗で40%以上を達成し、その中でも90%以上という高い辞退率を達成された店舗は達成し56店舗でした。
 仮に、岡山県全体で85.1%のレジ袋が削減されたとすると、1年間で約3,302トンのごみを減量できるだけでなく、レジ袋の製造過程やごみとして焼却する際などに発生する二酸化炭素約14,978トンの排出を削減できることとなり、これは、約107.0万本ものスギの木が1年間に吸収する二酸化炭素の量に相当します。

店舗ごとの辞退率の状況(令和2年8月10日)

レジ袋辞退率10%未満10%以上
20%未満
20%以上
30%未満
30%以上
40%未満
40%以上
50%未満
50%以上
60%未満
60%以上
70%未満
70%以上
80%未満
80%以上
90%未満
90%以上

 計        

店  舗   数

0

0

0

0

1

0

2

47

183

56

289

店舗数の割合

0%

0%

0%

0%

0%

0%

1%

16%

63%

19%

100%

店舗ごとの辞退率割合 円グラフ(令和2年8月10日)

8月グラフ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 レジ袋辞退率(平成22年6月~令和2年8月)