ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務部 税務課 自動車税種別割のグリーン化について

自動車税種別割のグリーン化について

 自動車税種別割のグリーン化とは、地球温暖化防止と大気汚染防止の観点から、環境に優しい自動車の開発・普及の促進を図るために導入された税制上の特例措置です。
 排ガス性能及び燃費性能の優れた「環境負荷の小さい自動車」は、その性能に応じて税率を一定期間軽減(軽課)し、新車新規登録から一定の年数を経過した「環境負荷の大きい自動車」は税率を重く(重課)しています。
 

自動車税種別割が軽減される自動車(軽課)

初回新規登録の翌年度の自動車税種別割のみが軽減されます。

例えば、平成29年度の初回新規登録で平成30年度に軽減対象となっていた自動車は、平成31年度から通常税率に戻ります。

 軽課対象自動車

 
排ガス基準燃費基準軽減税率

電気自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリット自動車

天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減又は平成30年排ガス規制適合)

クリーンディーゼル(平成21年排ガス規制適合又は平成30年排ガス規制適合)

概ね75%低減

平成17年排ガス規制75%低減

又は

平成30年排ガス規制50%低減

令和2年度燃費基準+30%達成
令和2年度燃費基準+10%達成概ね50%低減

 

自動車税種別割が重くなる自動車(重課)

 新車新規登録から一定年数を経過した次の自動車は、自動車税が重くなります。

重課対象自動車

 
車種区分経過年数重課率
乗用車・キャンピング車ガソリン車・LPG車13年を超えるもの概ね15%
ディーゼル車11年を超えるもの

バス・トラック・特種用途車(キャンピング車以外)

ガソリン車・LPG車13年を超えるもの概ね10%
ディーゼル車11年を超えるもの

〇電気自動車、天然ガス自動車、ガソリンハイブリット自動車、メタノール自動車、一般乗合バス及び被けん引車を除きます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 総務部 税務課 自動車税種別割のグリーン化について