ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 平成30年住宅・土地統計調査結果(土地集計)が公表されました

平成30年住宅・土地統計調査結果(土地集計)が公表されました

平成30年住宅・土地統計調査

調査の概要

【目的】
 住宅、土地の保有状況及び世帯の居住状況等の実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることを目的としています。

【調査の対象】
 全国の約370万住戸・世帯で、岡山県内では、約5万9千住戸・世帯(空き屋等を含む。)

【調査の時期】
 昭和23年以来ほぼ5年ごとに行われており、平成30年は10月1日を基準日として実施しました。

【主な調査項目】
 住宅等に関する事項、世帯に関する事項、住環境に関する事項、現住居以外の住宅及び土地に関する事項 など

調査結果の概要

 総務省統計局において、令和2年3月27日に「平成30年住宅・土地統計調査(土地集計)」全国編、都道府県及び市区町村編が公表されました。
 今回は、世帯が所有している土地の状況及び世帯が所有している現住居の敷地以外の宅地などの状況について公表されております。
(詳細は総務省統計局ホームページに掲載されておりますので下記のリンクからお進みください。)
 なお、「住宅の構造等に関する集計」「住宅及び世帯に関する基本集計」について本県の概要は次のとおりです。
令和元年9月30日に公表された、『平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計』の中から、住宅の主要指標に係る都道府県の結果について、「都道府県別でみる住宅状況~住宅及び世帯に関する基本集計(確報値)より~」が掲載されました。
 詳細につきましては、総務省統計局のホームページに掲載されております。下記のリンクからお進みください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 平成30年住宅・土地統計調査結果(土地集計)が公表されました