ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 肝がん・重度肝硬変医療費助成事業(医療機関向け)

肝がん・重度肝硬変医療費助成事業(医療機関向け)

指定医療機関について

 B型肝炎ウイルス又はC型を原因とする肝がんや重度肝硬変は、慢性肝炎、肝硬変を経て進行していくため、多くの患者さんは長期間にわたる療養により経済的な負担が大きくなります。
 こうしたことから、肝がんや重度肝硬変の治療の研究を促進するとともに、患者さんの経済的負担を軽減するため、肝がんや重度肝硬変の入院医療に係る医療費の助成制度を平成30年12月から実施しています。
 医療費助成を受けるためには、治療を受ける医療機関が、県の定める基準を満たしたうえで、県に指定申請書類を提出し、県から指定医療機関の指定を受ける必要があります。

1.指定医療機関の基準について

下記の基準を満たしていることが必要です。なお、無床診療所の場合、日帰り入院相当となる医療行為が行われても入院医療として扱われないため、指定を受けることはできません。

○別紙に定める肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うことができる医療機関であること。
○岡山県肝炎一次専門医療機関であること。
 

2.指定医療機関申請手続き

 指定医療機関の指定を希望される医療機関は下記の指定医療機関指定申請書に必要事項を記入の上、県へ提出して下さい。なお、申請時に、別紙1「医療行為一覧」に、実施可能な医療行為について□欄にチェックを記入したものを添付して下さい。

3.指定医療機関の指定

 岡山県肝炎対策協議会の意見を聴取した上で、指定することが適当と判断した医療機関に対しては指定医療機関指定通知書を送付します。

4.指定医療機関の役割

指定医療機関に指定された医療機関には下記の役割があります。

1.肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変の患者さんが入院された場合、本事業についての説明を行うとともに、肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票の作成、記入を行うこと。

2.患者さんからの依頼により、臨床調査個人票及び同意書を作成し、発行すること。

3.本事業の対象となる肝がん・重度肝硬変入院関係医療(高額療養費が支給されるものに限る)が行われた場合には、公費負担医療の請求機関として公費の請求を行うこと。

4.その他、指定医療機関として本事業に必要な対応について協力すること。

臨床調査個人票及び同意書(EXCEL版) [Excelファイル/47KB]

臨床調査個人票及び同意書(PDF版) [PDFファイル/123KB]

入院医療記録票(PDF版) [PDFファイル/163KB]

入院医療記録票(EXCEL版) [Excelファイル/20KB]

臨床調査個人票に関する説明文書 [PDFファイル/384KB]

医療機関向けマニュアル(厚生労働省作成) [PDFファイル/1.71MB]

医療機関向けマニュアル【資料集】(厚生労働省作成) [PDFファイル/4.05MB]

医療機関向け簡易マニュアル(厚生労働省作成) [PDFファイル/1.71MB]

医療機関向けQ&A集 [PDFファイル/512KB]

5.申請内容の変更

 名称、所在地、開設者等申請内容に変更があったときは、指定医療機関変更届を県へ提出して下さい。

6.指定辞退について

 指定医療機関の指定を辞退する場合は、指定医療機関辞退届を県へ提出してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 肝がん・重度肝硬変医療費助成事業(医療機関向け)