ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 くらし安全安心課 第3次岡山県消費生活基本計画(第2次岡山県消費者教育推進計画) 平成31年3月変更

第3次岡山県消費生活基本計画(第2次岡山県消費者教育推進計画) 平成31年3月変更

 県では、平成28年3月に策定した「第3次岡山県消費生活基本計画」により、消費者施策の総合的かつ計画的な推進を図っていますが、この度、消費生活を取り巻く環境の変化や民法の成年年齢の引下げなどの新たな課題に対応するため、国の「消費者教育の推進に関する基本的な方針」(平成30年3月変更)等を踏まえ、消費生活条例第9条第1項に基づき、同計画を変更しました。
 なお、当該計画は、消費者教育の推進に関する法律第10条第1項に基づく都道府県消費者教育推進計画の位置付けも併せ持つこととしています。
 今後とも、消費者が主役となる社会を目指して各種施策を推進してまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

第3次岡山県消費生活基本計画の概要

計画の期間

平成28(2016)年度から平成32(2020)年度までの5年間

基本目標・重点目標

 5つの基本目標と、その下に16の重点目標を定め、総合的に取り組みます。

 

基本目標

重点目標

1 安全・安心な商品・サービスの確保

1 生産から消費に至る一貫した食の安全確保     
2 商品(食品以外)・サービスの安全性の確保
3 安心の定着に向けた信頼の確立

2 自主的かつ合理的な選択の機会の確保

1 規格・表示等の適正化  
2 取引における公正・公平の確保
3 公正な価格の形成
4 生活必需品の安定供給

3 消費者教育の推進

1 体系的な消費者教育の実施
2 消費者教育を担う人材の育成
3 他の関連する教育との連携
4 情報の提供と共有

4 消費者の主体的な活動への支援 

1 公正で持続可能な社会を目指した消費生活の促進
2 消費者の組織活動の促進
3 消費者の意見の反映

5 消費者被害の防止・救済

1 消費者被害の防止 
2 消費者被害からの救済 

計画期間中の重点施策

施策1 消費者教育の推進

 (1)若年者への消費者教育の推進

 (2)消費者の特性に配慮した体系的な消費者教育の推進

 (3)高度情報通信ネットワーク社会の発展に対応した消費者教育の推進

施策2 地域における消費者問題解決力の強化

施策3 悪質な事業者の監視・指導・取締りの強化

第3次岡山県消費生活基本計画のダウンロード

第3次岡山県消費生活基本計画(平成31年3月変更)(概要版)

    ※ 各ページの右下又は左下にあるのは、音声コードです。

第3次岡山県消費生活基本計画(平成31年3月変更)

<分割>

内容ダウンロード

はじめに

第1章 計画の基本的な考え方

はじめに 第1章 [PDFファイル/1.43MB]

第2章 消費生活をめぐる現状と課題
第2章 [PDFファイル/1.79MB]

第3章 目標と取組

第4章計画の進め方

第3章 第4章 [PDFファイル/3.54MB]
資料1 ライフステージに応じた消費者教育の取組・資源マップ(岡山県版)資料1 [PDFファイル/1月11日MB]
資料2 消費生活基本計画に係る施策(取組)一覧(平成30年度)資料2 [PDFファイル/567KB]
資料3 岡山県消費生活条例資料3 [PDFファイル/762KB]
資料4 消費者教育の推進に関する法律資料4 [PDFファイル/752KB]
資料5 年表 主な消費者問題と国、県の動き資料5 [PDFファイル/1.39MB]

<参考>

※変更前の第3次岡山県消費生活基本計画

※岡山県消費者教育推進計画(平成26(2014))年度~平成30(2018)年度)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 くらし安全安心課 第3次岡山県消費生活基本計画(第2次岡山県消費者教育推進計画) 平成31年3月変更