ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 HIV曝露事故(針刺し事故等)後の感染予防について

HIV曝露事故(針刺し事故等)後の感染予防について

HIV曝露発生時の予防内服マニュアルについて

 岡山県では、「針刺し後のHIV感染防止体制の整備について」(平成11年8月30日付け、健医疾発第90号・医薬安第

105号、厚生省保健医療局エイズ疾病対策課長・厚生省医薬安全局安全対策課長通知)に基づき、初回投与用の抗HIV薬

を県内10箇所のエイズ治療拠点病院に配置しています。

 HIV抗体陽性またはHIV抗体陽性が強く疑われる患者の血液・体液に曝露し、感染のリスクが高いと考えられる場合は、で

きる限り早急に抗HIV薬を服用することが推奨されています。

 HIV曝露事故が発生し、抗HIV薬が必要な場合は、下記岡山県エイズ治療拠点病院に御連絡ください。

 岡山県では、HIV感染予防薬の適切かつ円滑な利用を促進するため、「HIV曝露発生時の予防内服マニュアル」を作成し

ました。

フローチャート

 

予防内服マニュアル [PDFファイル/283KB]

フローチャート [PDFファイル/89KB]

同意書兼依頼書 [Wordファイル/39KB]

医療機関一覧 [PDFファイル/77KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 HIV曝露事故(針刺し事故等)後の感染予防について