ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 生徒指導推進室 令和2年度岡山県スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者の募集

令和2年度岡山県スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者の募集

令和2年度 岡山県教育庁義務教育課生徒指導推進室のスクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者(短時間勤務会計年度任用職員)を希望する方へ

不登校やいじめ等の解消・未然防止のために、児童生徒の心理に関する専門的な知識や技術を有するスクールカウンセラー及びスクールカウンセラーに準ずる者としての勤務を希望する方を募集します。

1 職務内容
 ○ 児童生徒へのカウンセリング
 ○ 保護者への助言・援助
 ○ 児童生徒個人、児童生徒集団、学級や学校集団に対するアセスメントと助言・援助
 ○ 児童生徒の困難・ストレスへの対処方法、児童生徒への心の教育に資する全ての児童生徒を対象とした心理教育プログラム等の実施
 ○ 不登校、いじめや暴力行為等の問題行動、子供の貧困、虐待等を学校として認知した場合、自然災害、突発的な事件・事故が発生した際の助言・援助
  (緊急危機支援)
 ○ 教職員に対するコンサルテーション
 ○ 教職員のカウンセリング能力等の向上のための校内研修の実施

2 応募資格等
(1)スクールカウンセラー(次のいずれかに該当する者)
 ○ 公認心理師
 ○ 公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定に係る臨床心理士
 ○ 精神科医
 ○ 児童生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識及び経験を有し、学校教育法第1条に規定
する大学の学長、副学長、教授、准教授、講師(常勤に限る)、助教の職にある者又はあった者
(2)スクールカウンセラーに準ずる者(次のいずれかに該当する者)
 ○ 大学院修士課程を修了した者で、心理業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、1年以上の経験を有する者
 ○ 大学若しくは短期大学を卒業した者で、心理業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、5年以上の経験を有する者
 ○ 医師で、心理業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、1年以上の経験を有する者
 ○ 岡山県教育委員会が上記の各者と同等以上の知識及び経験を有する者と認めた者

3 勤務条件
(1)勤務時間等 
   原則
   1回3時間45分で週1~5日
   ※勤務日はあらかじめ割り振り、公務の都合により、振り替えることもあります。
   ※学校の長期休業中は勤務時間が減るなど、年間を通じて平均した勤務時間とはなりません。
(2)報酬等
   スクールカウンセラー      時給4,940円(令和元年12月現在)
   スクールカウンセラーに準ずる者 時給2,820円(令和元年12月現在)
   ※交通費別途支給、条件を満たす場合は期末手当・社会保険等対象
(3)身分
   地方公務員法第22条の2第1項第1号に規定される短時間勤務会計年度任用職員

(4)任期
   令和2年4月1日~令和3年3月31日(1年を通して勤務できる方)
(5)勤務場所
   県内の岡山市を除く公立小学校・中学校・中等教育学校

4 応募・試験
(1)希望者はメールにて、応募書類等を請求してください。その際、連絡先(電話番号)をお知らせください。
(2)当室から応募書類及び連絡事項等をメールでお伝えします。
(3)詳細は、応募書類等をご確認ください。
(4)応募締切は、令和2年1月17日(金曜日)です。(1月16日(木曜日)消印有効)
(5)令和2年1月下旬~2月上旬に、採用試験を予定しています。
   ※詳細は、個別に連絡します。

5 その他
(1)地方公務員法第16条に定める欠格条項に該当する方は採用できません。
   ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終るまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
   ・岡山県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者 など
(2)募集や採用に関して、ご不明な点等はお気軽にお問い合わせください。

【問い合わせ先】
 岡山県教育庁義務教育課生徒指導推進室
  電  話:(086)226-7589
  Eメール:sc@pref.okayama.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 生徒指導推進室 令和2年度岡山県スクールカウンセラー・スクールカウンセラーに準ずる者の募集