ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 教職員課 教員の働き方について考える集い~全員参加の働き方改革~を開催しました

教員の働き方について考える集い~全員参加の働き方改革~を開催しました

 学校における働き方改革が議論されている中、教員の勤務実態や学校が行っている取組について保護者等に知ってもらい、働き方改革への理解と協力を求めること、学校関係者に対して、働き方改革モデル校の取組を紹介し、全県への普及、実践を図ることを目的として、2月4日、岡山大学にて「教員の働き方について考える集い~全員参加の働き方改革~」を開催し、約260名が参加しました。
  第1部では、「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法(給特法)」の改正とそれに伴う県教育委員会や学校の対応等について、文部科学省初等中等教育局財務課の校務改善専門官 島谷 千春氏が説明しました。

島谷氏
第1部で給特法の改正について説明した島谷氏


 第2部では、働き方改革モデル校に指定されている4校(玉野市立荘内小学校、玉野市立荘内中学校、県立倉敷古城池高等学校、県立岡山西支援学校)が、今年度の取組の実践事例の紹介や成果報告を行いました。


実践報告
実践報告を行うモデル校の担当者(玉野市立荘内小学校)


 第3部では、働き方改革モデル校にもコンサルタントとして関わっている澤田 真由美氏が保護者・地域関係者向けの講演を行いました。講演中に行ったワークショップでは、学校の働き方改革は教育の質の向上につながることから、保護者・地域、教職員や行政が一体となって働き方改革に取り組むことの重要性が話し合われました。


ワークショップ
第3部で講演を行う澤田氏

ワークショップ2
澤田氏のワークショップで、意見交換を行う参加者

 


当日の資料はこちらからダウンロードできます。

第1部

文部科学省説明資料 [PDFファイル/9.09MB]

第2部

玉野市立荘内小学校取組資料 [PDFファイル/233KB]

玉野市立荘内中学校取組資料 [PDFファイル/2.06MB]

県立倉敷古城池高等学校取組資料 [PDFファイル/3.23MB]

県立岡山西支援学校取組資料 [PDFファイル/761KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 教職員課 教員の働き方について考える集い~全員参加の働き方改革~を開催しました