ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 医薬品である覚醒剤原料の取扱いについて

医薬品である覚醒剤原料の取扱いについて

医薬品である覚醒剤原料の取扱いについて

令和2年4月1日から

病院・診療所・飼育動物診療施設・薬局における

医薬品覚醒剤原料の取扱いが変更になります

1.医薬品覚醒剤原料とは

 エフピーOD錠、セレギリン塩酸塩錠「アメル」「タイヨー」、ビバンセカプセル 等

2.医薬品覚醒剤原料を取り扱う場合、帳簿の作成が義務化されます

3.患者・相続人等から病院・薬局等に対して、医薬品覚醒剤原料を返却することが可能になります

※その他詳細は、「覚醒剤原料取扱いの手引き」を参照ください。


令和2年4月1日から新たに追加される届出の様式になります。
届出の提出先は、所轄の県保健所になります。

関係通知

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医薬安全課 医薬品である覚醒剤原料の取扱いについて