ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 農業研究所 【栽培管理紹介】 令和2年5月30日 簡易被覆栽培の「ピオーネ」のホルモン処理を行いました

【栽培管理紹介】 令和2年5月30日 簡易被覆栽培の「ピオーネ」のホルモン処理を行いました

・農業研究所(赤磐市)で簡易被覆栽培の「ピオーネ」が5月29日に満開になり、5月30日に満開期のホルモン処理を行いました。
・本年の発芽は4月17日で昨年に比べて2日早く、満開は昨年より1日遅いです。
・果樹研究室では、結実安定と房づくりの省力化を図るため、開花直前に花穂先端部を3.5cm残して花穂整形しています。

開花した花穂の様子
写真1 開花した花穂の様子(5月29日)

ホルモン処理の様子
写真2 ホルモン処理の様子

 


トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 農業研究所 【栽培管理紹介】 令和2年5月30日 簡易被覆栽培の「ピオーネ」のホルモン処理を行いました