ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 農業研究所 【試験紹介】水稲の硫黄欠乏対策試験に取り組んでいます。

【試験紹介】水稲の硫黄欠乏対策試験に取り組んでいます。

近年、水稲栽培において硫黄欠乏が原因と考えられる生育不良が問題となりつつあります。分げつ期に葉の黄化症状をともなう生育遅延が発生し、収量に影響する場合もあります。
そこで、環境研究室では、岡山県内の実態把握のための調査と、硫黄資材を使用した低コストで持続性のある対策技術の確立のための試験を行っています。
写真は硫黄欠乏で黄化していると思われる現地圃場の稲(写真1)と硫黄資材を用いた所内試験の様子です(写真2)。

 

硫黄欠乏が疑われる現地圃場
写真1 硫黄欠乏が疑われる現地圃場の稲の様子
     (下葉の黄化と生育抑制症状がみられる)

所内試験の様子
写真2 硫黄資材を使った所内試験の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 農業研究所 【試験紹介】水稲の硫黄欠乏対策試験に取り組んでいます。