ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター 岡山県女性相談所

岡山県女性相談所

 女性相談所は、心身を傷つけられ、人権を侵害されるなど、複雑で深刻化する現代の女性の様々な問題に対して、相談・保護・自立支援など専門的支援を行うことを目的とした県の行政機関です。 
 女性相談所は、「売春防止法」に基づき設置され、その後、複雑多様化する社会環境の変化に伴い徐々に支援の対象を拡大し、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」に基づく「配偶者暴力相談支援センター」としてDV被害者支援も行っています。
 また、「人身取引対策行動計画」に基づく人身取引被害者の保護業務、「ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律」に対応したストーカー被害者の支援も行っています。
 さらに、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する支援も行っています。

主な業務

電話相談・来所相談(予約要)・調査・判定・指導・援助・一時保護・関係機関等との連絡調整

例えばこんな時に

夫や交際相手からの暴力
セクシャルハラスメント
夫婦間や男女間のトラブル
家庭内での不和やいざこざの悩み
子ども、親等の悩み
近所や職場などでの人間関係の悩み
生活困窮、住むところがない・・・
デートDV、ストーカーの悩み
誰に相談していいのかわからないとき
                      

若い女性の方からどの年代の方でも、安心してご相談ください。
ご相談は女性相談員があたり、プライバシーは堅く守ります。
女性相談員は、豊かな知識と経験を持ち、女性のさまざま悩みごとの身近な相談相手になります。

このような方法で

電話相談 Tel:086-235-6060気兼ねなく、どこからでも相談できます。

来所相談 〒700-0807

 岡山市北区南方2-13-1

 きらめきプラザ

(県総合福祉・ボランティア・NPO会館)5階

直接、会って相談したい時、原則として電話で予約のうえ、来所ください。
相談時間月~金 午前9時から午後4時30分
土・日、祝日、年末年始はお休みです。
   

DV夜間電話相談 Tel:086-235-6101                      

配偶者及びパートナーからの暴力に関する相談
受付時間

月~金 午後4時30分から午後8時 

土・日、祝日、年末年始はお休みです。

 

 

 

 

 

 

<<特別定額給付金における配偶者からのDV(暴力)を理由に避難している方への支援について>>

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に
今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は手続きをしていただくと、
以下の措置が受けられます。

 (1) 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、
   給付金を受け取ることができます。

 (2) 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、
   世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。


そのためには、申出期間中に、今お住まいの市区町村の窓口へ「申出書」を提出していただく必要があります。

申出期間

令和2年4月24日(金曜日)から4月30日(木曜日)
 ※申込期間を過ぎても申出書を提出することはできます。

必要書類

申出書には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。



 ・女性相談所(婦人相談所)、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書やDV被害申出確認書


 ・保護命令決定書の謄本又は正本



※なお、証明書・確認書の発行に際しては、運転免許証や国民健康保険証等の本人及び居住地の特定が可能な確認書類の提示が必要です。

※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

証明書の発行について

岡山県女性相談所では、上記の証明書を発行するため、相談業務を実施しています。
5月2日をのぞく5月6日まで毎日実施しますので、まず電話でご相談ください。
※来所相談は緊急・予約の方に限定させていただきます。

 電話 086-235-6060
 受付時間 9時00分~16時30分

トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター 岡山県女性相談所