ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 管内農業情報(井笠) 井笠地域稲作経営体ネットが「スマート農業」の視察研修を行いました

井笠地域稲作経営体ネットが「スマート農業」の視察研修を行いました

 8月20日、井笠地域稲作経営体ネットは「スマート農業」について理解を深めるため、今年度から「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に取り組んでいる「赤磐スマート農業実証コンソーシアム」の取組について、視察研修を行いました。
 研修は、ネット会員及び関係機関の担当者の計24名が参加し、実証概要の説明を受けた後、現地で農薬散布ドローン及び水管理システムの実演を見学しました。実証に携わっている農業法人の代表者との意見交換会を通じて、スマート農業を活用した営農改善の考え方に理解を深めるとともに、実際に機器を見ることで、スマート農業に対する関心を高めることができました。
 今後も、井笠農業普及指導センターでは、研修会の開催等を通じて、井笠地域稲作経営体ネット会員の規模拡大や経営安定化に向けた支援を行っていきます。

特記事項・補足事項

(1) 井笠地域稲作経営体ネット
  平成26年に新技術の研修や会員相互の情報交換、親睦等を目的に、井笠管内の経営規模1ha以上の稲作農家の方に呼び掛けて設立した活動グループ
(2) 井笠地域稲作経営体ネット参加会員数
笠岡市 8経営体、井原市 11経営体、里庄町 1経営体、矢掛町 21経営体
(合計41経営体) 

農薬散布ドローン実演見学

水管理システム実演見学

農薬散布ドローン実演見学

水管理システム実演見学
 

トップページ 管内農業情報(井笠) 井笠地域稲作経営体ネットが「スマート農業」の視察研修を行いました