ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 管内農業情報(井笠) 6次産業化初心者講座第1回目を開催

6次産業化初心者講座第1回目を開催

 備南広域農業普及指導センターは8月29日、岡山西農協総社西支店(会議室、加工室)で今年度第1回目の「6次産業化初心者講座」を開催しました。
 当日は倉敷・井笠地域の野菜や果樹、水稲農家等30名が受講し、HACCPの考え方に基づく衛生管理と加工実習を学びました。受講者からは「HACCPの言葉は知っていたが、具体的な説明でわかりやすかった」「早速、衛生管理計画を作成しようと思う」等の感想がありました。
 備南広域農業普及指導センターでは、引き続き、加工技術の習得や事業計画の策定等を支援し、6次産業化の取組を促進することとしています。第2回目の講座は10月21日を予定しています。

特記事項・補足事項

【令和元年度6次産業化初心者講座の概要】
・目的:6次産業化に関心のある農業者が加工の基本知識や技術を習得し、農産物の生産・加工・販売を通じて6次産業化を  実現する。
・内容:(1)衛生管理意識の向上、(2)適正な食品表示、(3)商品の価格設定、(4)加工実習(農産物のペースト加工と利用)
・今後の予定:年間3回開催予定で、第2回は10月21日、第3回は11月1日。

講義の様子

講義の様子

 

トップページ 管内農業情報(井笠) 6次産業化初心者講座第1回目を開催