ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 管内農業情報(井笠) 「明治ごんぼう」作業の疑問・曖昧を解決しよう!

「明治ごんぼう」作業の疑問・曖昧を解決しよう!

 3月16日に井原市芳井町明治地区で、は種機の勉強会を開催しました。明治地区では、ごぼう農家の大半がは種時にアグリテクノ矢崎社製の手押しのは種機を使用しています。「種を落とす位置の微調整が難しい。何年も使っているものだから調整の仕方も農家それぞれで違っている。」、「は種前に地域みんなで勉強会が出来ないだろうか」という意見が農家からあり、普及センターからメーカーに依頼し、勉強会を実現しました。
 勉強会では、実際に機械の調整や日頃困っている点(ローラーの選び方やチェーンが外れやすい等)を農家が主体的にメーカーに質問し、活発な意見交換が行われました。また、明治地区では斜面の畑が多いため、上りと下りで種の落ち具合が変わるという問題もあります。今回、早まきのごぼうの発芽が揃っており、関係者が目で見ては種時の課題を共有する良い機会となりました。(下りだと均一には種できているが上りだと抜けが多い。)
 普及センターでは、今後も農家へ適切な情報提供を行いながら、課題解決や作業性の向上を支援していきたいと考えています。

 
メーカーと意見交換する生産者畝ごとの発芽の違い
メーカーと意見交換する生産者畝ごとの発芽の違い

 


トップページ 管内農業情報(井笠) 「明治ごんぼう」作業の疑問・曖昧を解決しよう!