ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

警察学校 先輩の声

学生1

警察学校 巡査 (平成30年採用)

同期の仲間たちと一緒に成長できる。

学校では、法学や犯罪捜査などの実務や、実際の事件・事故現場を想定した訓練などの授業を受けています。
また、柔道や逮捕術などの訓練を通して、現場で犯人を制圧できるように気力、体力を身に付けています。

入校当初は、勉強面でも体力面でも周りに追い付くことに必死でしたが、同期と切磋琢磨したり、励まし合ったりして訓練を乗り越えたことで、警察官としてはもちろん、人としても成長できていると感じます。

警察学校の生活に不安を抱いている方は多いと思いますが、苦手なこと、困難なことに直面しても、同期の仲間たちが必ず支えてくれるので、きっと乗り越えることができます。

 

 

学生2

警察学校 巡査 (平成30年採用)

警察官として大切なことを学べる。

警察学校に入校する前は、「警察の仕事=犯人逮捕」というイメージが大きかったのですが、警察学校で勉強するうちに、警察にはパトロールを始めとする治安維持活動、犯罪被害者の支援など様々な仕事があり、それぞれの適性や能力を生かした仕事ができるということが分かりました。

幅広い分野の業務をこなすために、様々な知識はもちろん、体力、精神力、コミュニケーション能力など身に付けなくてはならないことはたくさんあります。
警察学校では、充実したカリキュラムの中で、一人前の警察官になるために必要な知識や技術を習得することができるので、目標を持って日々自己研鑽に励んでいます。