ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 河川課 大規模氾濫時の減災対策協議会

大規模氾濫時の減災対策協議会

大規模氾濫時の減災対策協議会

概要

 大規模氾濫時の減災対策協議会とは、堤防の決壊や越水等に伴う大規模な浸水被害に備え、隣接する自治体や県、国等が連携して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体かつ計画的に推進するものです。
 なお、岡山県大規模氾濫減災協議会については、令和元年5月29日に、国の協議会と統合し、吉井川水系、旭川水系、高梁川水系ごとの協議会に再編しました。今後も、水防災意識社会の再構築に取り組んでまいります。

第6回協議会(吉井川・旭川)・第7回協議会(高梁川)

令和元年5月29日に、第6回協議会(吉井川・旭川)・第7回協議会(高梁川)を開催し、国と県の協議会の統合に伴う規約の改正をしました。
※国の協議会に統合したため、第6・7回からの開催となります。

第7回協議会(吉井川・旭川)・第8回協議会(高梁川)

令和2年6月12日に、第7回協議会(吉井川・旭川)・第8回協議会(高梁川)を開催し、規約の改正や取組方針のフォローアップ等を行いました。
※書面開催(新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため)

岡山県大規模氾濫減災協議会(平成29年5月22日~令和元年5月29日)


トップページ 組織で探す 土木部 河川課 大規模氾濫時の減災対策協議会